CORPORATE MESSAGE
経営理念
CORPORATE
MISSION & FEATURE
企業ミッション & フィーチャー
COMPANY PROFILE
会社案内
ORGANIZATION
事業活動&グループ会社
RECRUIT
採用
企業ミッション ― 社長メッセージ ―  
       
「社会や生活者にとって本当に必要で価値あるものを届けたい」。そうした想いを胸に抱いて、ひたむきにものづくりに励む生産者(つくり手)を、当社はパッケージングとセールスプロモーションという2つのソリューションでサポートしています。生活者(つかい手)を取り巻く環境や価値観がさまざまな要因によって(特に2011年3月11日以降劇的に)変化した現在、企業やブランドに求められるのは「親切」「思いやり」「社会的責任」といった倫理的なものになりつつあります。自社の製品やサービスを通してそうした期待に本気の覚悟で向かい合っている顧客と、本当の豊かさを追い求める生活者をつむぐのが当社の使命です。「つかい手」と「つくり手」の間に「百年先まで続く笑顔」が生まれることを願ってこれからも事業を続けてまいります。

代表取締役社長  廣川  信也
 



     
HIROKAWAらしさを発揮する6つの「引出し」 
その1.
「パッケージ」×「プロモーション」で提案
売り場において生活者は、Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Motive(動機)→Action(行動)という心理的な高まりを経て購買に至ります。それを促すには、商品パッケージはもちろん、思わず手に取ってしまうような売り場の演出やキャンペーンなど効果的なプロモーションが必要です。当社は長年にわたる包装資材事業で培った知見を販促資材の開発にも展開。モノづくりを行うメーカーとして、パッケージからセールスキャンペーンまでトータルに提供できるのが当社の強みです。

企画会社ではなく、「メーカー」として売れる仕掛けを提供します
 


その2.
「持つ強み」の活用
当社には、食品軽量トレイ&パックを生産する㈱エースパックと、お菓子やお惣菜用のカップ&レースペーパーを生産する稲葉紙工㈱という2つ食品包装資材系のグループ会社があります。高レベルの衛生・品質管理が要求される食品関連分野においては、全ての工程を目が行き届く自社工場内に置き、常に熟練スタッフによって生産を行なうことではじめて生産者や生活者、さらには社会に対する責任が全うされると考えています。私たちは顔の見えるサプライヤーとして、「つくり手」の信頼と「つかい手」の安心・安全をしっかりとつむいでいます。

徹底した「見える化」で高い衛生・品質管理を実現しています
 
 


その3.
「持たない強み」の活用
包装資材や販促資材に対する要求が目まぐるしく変化する昨今、その全てをカバーする設備や人材を自社で保有することは不可能です。当社は、日用品雑貨の分野では、各工程でアドバンテージをもつ協力工場としなやかな連携を組んでファブレスメーカーとしてプロジェクトを遂行。それによって、さまざまな技術・技法の組み合わせ、ロットサイズに応じた工程管理、要求納期に対する調整を可能にしています。また、包装資材は独創的なモノづくり企業の集積地である東大阪エリアで、販促資材はスピードとコストを重視して中国をはじめとするアジア諸国で生産。大きな夢と創造力でモノづくりに励む国内の匠や、海外の若い人材と協働しながら「つくり手」である顧客の情熱と「つかい手」である生活者の満足をつむいでいます。

衆知を集めることで顧客の課題を解決します
 
 


その4.
「有限の予算」に対する
「無限のアイデア」の提供
限りある予算の中で、無限のアイデアをもって答えを出すこと。これが当社に課せられた使命です。今日の無理難題は明日の新しいニーズの啓示。もちろん全ての課題が解決できるわけではありませんが、解決に向けてのベタープランは必ず提示します。そこに「つくり手」である顧客の情熱がある限り、それを待ち望む「つかい手」がいる限り、私たちはあきらめません。

答えを出すことを、あきらめません
 
 


その5.
ショールームに展示できない
多くの「解決事例」
当社にはショールームがありません。なぜなら、提供しているのは製品ではなく課題解決力だからです。製品をいくら陳列しても、その背景にある課題解決のプロセスをお伝えすることはできません。「つくり手」と「つかい手」をつむいだ糸は目に見えませんが、当社の担当者に問い合わせていただけば、それぞれの資材を通して「つくり手」の想いと「つかい手」の満足をいかにつむいだかという「物語」をご紹介させていただきます。

伝えるべきは「物」ではなく「物語」です
 
 


その6.
同業者のための
「課題解決請負企業」としての存在
当社は資材を使用するエンドユーザーのみならず、同業界の印刷・紙器会社、包装・販促資材商社の皆様とも一緒にプロジェクトを進めています。メーカーであろうと商社であろうと、「つくり手」の想いを「つかい手」に届けるサプライヤーとしての使命は同じです。包装資材においても販促資材においても、メーカーとして機能している当社だからこそ出せる解決策があります。商社や代理店の皆様、いつでも私たちに声を掛けてください。一緒に課題解決に取り組みましょう。

一緒に「よわったな」を「よかったな」に変えていきます