CORPORATE MESSAGE
経営理念
CORPORATE
MISSION & FEATURE
企業ミッション & フィーチャー
COMPANY PROFILE
会社案内
ORGANIZATION
事業活動&グループ会社
RECRUIT
採用
経営理念 ― 会長メッセージ ―
経営理念 「企業は永遠なり」
企業は事業を通じて単に利潤を追求する組織ではなく、常に社会と関わる存在であり、またそこで働く者にとっては人生の拠り所でもあります。その企業が何らかの理由で停滞あるいは消滅すれば、社員はもとより、関係する企業や業界、さらには広く社会にまで影響が及びます。そうならないために、企業は永遠に存在し続けなければならないと考えています。

経営方針 「全天候型経営」
企業を永遠に存在させようとしても、好不況の波や思わぬ天災などの不可抗力、また取引先のトラブルに連鎖的に巻き込まれることもあります。そうした不測の事態、つまり「悪天候」に遭遇しても健全に存続できるよう、当社は「全天候型経営」を実践しています。具体的には、永年にわたって財務内容の充実を図ると同時に、積極的に新規事業に取り組み、常に新しい分野を開拓しています。和紙問屋として創業し、特殊紙、洋紙、紙加工品、印刷、包装資材、プラスチック製食品パッケージ、そして販売促進資材へと事業分野の裾野を広げてきました。その背景には、一つの市場に留まらず、独立自尊の姿勢を堅持しながら、環境変化にしなやかに適応することで、企業は初めて存続を許される、という考え方があります。

経営哲学 「在平素」
当社の会議室には「在平素」の文字を刻んだ額を掲げています。その意味するところは「一時的な努力や時流にのって背伸びするのではなく、日頃から努力と研鑽を重ね、着実にやるべきことをやる」ということです。この額を初めて目にしたとき、「普段の努力がいかに大切か」を改めて再認識しました。それ以来当社では、この「在平素」を経営哲学としています。「全天候型経営」といっても一朝一夕にできるわけではありません。日々の仕事を着実に成し遂げて力を蓄え、地に足をつけながら慎重に取り組んでこそ新しい道が開けるのです。これまでと同様、これからも当社はこの「在平素」の経営哲学のもと、「全天候型経営」という経営方針に則り、経営理念である「企業は永遠なり」を実践してまいります。

取締役会長  廣川 仁


 

廣川株式会社 取締役会長
廣川 仁
伊勢湾台風で被害に遭った伊勢神宮の檜の巨木を取り出し、川合玉堂画伯が「在平素」と揮毫した額。