食品パッケージ部門
営業アシスタント (2006年入社)
能動的に仕事に関わると、
喜びのテンションが高くなる
私の仕事は食品パッケージの営業サポート。書類作成やデータ入力といった定型的な業務に加えて、企画営業が必要としているサンプルをセレクトしたり、それを梱包して顧客に発送したり、営業に代わって顧客のさまざまな依頼に対応しています。もともとはのんびり屋だった私ですが、サポートしている営業マンが猛烈タイプで、仕事の進め方に勢いとスピードがあるので、知らず知らずのうちに私自身もテキパキと仕事をこなせるようになりました。
例えば、営業マンからの指示をただ待つのではなく、次に求められることを予測して先手を打ったり、顧客のオーダーに合うサンプルがない場合も「ありません」と答えるのではなく、用途を確認して別のサンプルを提案できるようになりました。そうやって仕事に能動的に関わると、担当した食品パッケージをスーパーやコンビニで見つけたときの喜びのテンションが一段と高くなります。
人事部から一言
「細かい業務を引き受け、企画営業職の手足となって動いてくれる
アシスタントがいます。」