ノベルティ & SP部門
デザイナー (2007年入社)
自分の分身とも言うべきノベルティが
テレビに登場する喜び
ノベルティのデザインがグラフィックデザインと違うのは、前者が立体的な形として作り出されるところ。頭の中に浮かんだアイデアやイメージを具体的な形に創り上げる面白さがあります。以前、あるキャラクターグッズの仕事で、指定どおりのデザインでは面白くないと思い、大胆にデフォルメして提案したところ、それが採用されて製品化されたことがあります。そうやってクライアントの想いを具体的な形にして消費者に伝えるのが私の仕事です。
自分がデザインしたノベルティがテレビや雑誌のキャンペーン広告に登場するのを見ると、やはり達成感があります。また、クライアントの要望やさまざまな制約をチーム全員がアイデアや経験、知恵を出し合って乗り越えていく過程にも面白みを感じます。これからも現場の予期せぬ展開を楽しみつつ、仕事に取り組んでいきたいです。
人事部から一言
「クリエイティブなデザイナーが社内にいますから、クライアントに
思い切った提案ができます。」